Picture

Hi, I'm ogaclejapan.

Android Software Engineer at AbemaTV

オフラインJekyll環境を構築する

このノートをオフライン環境下でもブラウザから見えるまでの環境設定をメモしておく。
あらかじめgit,homebrewコマンドは使用可能な状態であること。

環境構築編

1.githubからnotesをクローン

git clone git://github.com/ogaclejapan/notes.git

2.rubygemsからjekyllをインストール

[sudo] gem install jekyll

※ Mac標準のrubyだとバージョンが古いので、
こちらを参考に最新版にしておくこと。

[sudo] gem update --system

3.highlight用にPygmentsをインストール

[sudo] easy_install Pygments

よく使うJekyll文法編

コードをハイライト表示するには
{% highlight (lang) %} ~ {% endhighlight %}
タグで囲む。
Pygmentsでハイライト可能な言語はこちら
また、定義上の名前はこちらから確認できます

ノート内のページリンクを貼るには
{% post_url yyyy-mm-dd-title %}
と書く。

リンクに名前をつける場合は
[リンク名]{% post_url yyyy-mm-dd-title %}
ように書く。

よく使うMarkdown文法編

文章中にコードを埋め込む場合はバッククォート(`)で囲む

rubygemsから`jekyll`をインストール

罫線を引くには3つ以上のハイフン(-)を連続して配置する

▼ここに罫線を引く
-----------------

リスト形式を使いたい場合は行頭にアスタリスク(*)+半角スペースまたはタブを配置する
※アスタリスクの代わりに数字+ピリオド(.)を定義すると数字付きのリスト形式になります。

* リスト1
* リスト2
* リスト3

1. 数字付きリスト1
2. 数字付きリスト2
3. 数字付きリスト3

リストの中に段落を加えたい場合は行頭に半角スペース4つ分またはタブを配置する

* リスト1
	リスト1に関する説明文
* リスト2
	リスト2に関する説明分

もっと詳しいMarkdown文法はこちらに日本語訳があります

起動編

notesのルートディレクトリでjekyll --serverコマンドを実行すると、
デフォルトでは4000番ポートでWEBサーバが起動する。
さらに--autoをつけると編集したものが即反映されるらしい。

  notes$ jekyll --server [--auto]
  # running... localhost:4000

サーバを停止するにはサーバを起動したウィンドウ上でCtrl+Cを押下する。

Back to Top