Picture

Hi, I'm ogaclejapan.

Android Software Engineer at AbemaTV

Gradleの基本的なスクリプトコード集

Gradleでよく使う基本的なスクリプトコードをメモしておく。

もっと詳しい内容はGradle日本語ユーザガイドを参照のこと

変数の定義

def (変数名)=(値)で宣言する

def foo = "bar"

println foo
//bar

文字列中で変数値を使用する場合は$を先頭につける

def foo = "bar"

println "foo is $foo"
//foo is bar

タスクの定義

task (タスク名) << {(タスクの処理...)}で宣言する

task foo << {
	println "bar"
}

他タスクへの依存を宣言するにはdependsOnパラメータを加える

task foo(dependsOn: bar) << {
	println "foo"
}
task bar << {
	println "bar"
}

既存タスクをトリガーに処理を追加するには(既存タスク名) << {(タスクの処理...)}で宣言する

foo << {
	println "foo called."
}

※この宣言方法だと既存タスクの処理終了後のタイミングで呼び出されることに注意すること

拡張プロパティの定義

project.ext {...}で宣言する

project.ext {
	foo = "bar"
	hoge = "baz"
}

println project.foo
//bar
println "hoge is ${project.hoge}"
//hoge is baz

プロパティファイルの読み込み

普通にgroovyコードを書くしかないと思われる

def props = new Properties()
file("foo.properties").withInputStream {
	stream -> props.load(stream)
}

println props['bar']
//baz
#foo.properties
bar=baz
Back to Top