Picture

Hi, I'm ogaclejapan.

Android Software Engineer at AbemaTV

Technology Radar - May 2013

著者でも有名なマーチンファウラーさん率いるThoughtworks社から最新の技術動向が発表されていました\(^O^)/

すっかり半期毎に発表だと思ってたので、なかなか発表されず終了かと思ってたよ…(;´∀`)

Radarの読み方

Radarでは大きく以下の4部門に分けて、それぞれの技術動向をレンジで区切っています。

  • Techniques
  • Tools
  • Platforms
  • Languages & Frameworks

レンジは4段階に分かれていて、それぞれ以下のような意味を持つようです。

  • Adopt: 積極的にプロジェクトで採用すべきもの

    We feel strongly that the industry should be adopting these items. We use them when appropriate on our projects.

  • Trial: 多少のリスクを伴えるプロジェクトなら試してみるべきもの

    Worth pursuing. It is important to understand how to build up this capability. Enterprises should try this technology on a project that can handle the risk.

  • Assess: プロジェクトにどれだけ価値があるか調査してみる価値があるもの

    Worth exploring with the goal of understanding how it will affect your enterprise.

  • Hold: 先行きが怪しいので慎重に採用すべきもの

    Proceed with caution.

Techniques部門の技術動向

Adopt

  • Aggregates as documents: ドキュメントを集約すべき
    →GitHubのmarkdownみたいな関係ことかなー??

  • Automated deployment pipeline: デプロイを自動化すべき
    Jenkinsとか、最近だとDevOpsツールの「Chef」とか

  • Guerrilla testing:
  • In-process acceptance testing:
  • Mobile testing on mobile networks: モバイルのテストはモバイルネットワーク上ですべき
    →擬似で再現するならローカルプロキシのCharlesとかで帯域制御もありなのかも

  • Performance testing as a first-class citizen: 重要となるクラスは性能テストをすべき
  • Promises for asynchronous programming: 非同期通信を考慮すべき
    →Promiseという定義からjQueryまわりの話っぽい

  • Windows infrastructure automation: Windows環境のインフラを自動化するべき

Tools部門の技術動向

Adopt

Platforms部門の技術動向

Adopt

Language & Frameworks部門の技術動向

Adopt

Back to Top